お金借りる 学生

【検証】大学生・専門学生が親バレなしでカードローンを使うことができるのか?

 

学生でも大学生になると、親元を離れて一人暮らしを始めるといった人も多いと思います。

 

一人で生活をしていると家計をやりくりしなければならず、時には急な出費でお金が足りなくなるということもあると思いますが、そのような時にお金を用立てる方法として、銀行や消費者金融などからお金を借りるという方法もあります。ただ学生がお金を借りることは社会人と比べると難しいのが実状です。

 

一般的に学生でもお金を借りられるのは20歳以上で、大学生や専門学校生が対象です。20歳未満、つまり未成年でお金を借りるのは現実的ではありません。

 

これは未成年者が民法で保護されているためで、銀行のカードローンにしても消費者金融のキャッシングにしても、20歳以上を利用条件としています。また銀行のカードローンなどは学生を対象としていないところもあります。このため実際に学生がお金を借りることができるのは消費者金融のキャッシングサービスです。

 

ただし学生でも完全に学業に勤しんでいる場合には難しく、本人に収入がなければ利用できません。

 

これは貸金業法によって総量規制が設けられているためで、この総量規制では年収の3分の1以内までしか貸し付けてはいけないことになっています。このためアルバイトやパートなどで定期的な収入があれば利用することができます。

 

一方で消費者金融と同じ貸金業者の中には学生にお金を貸し付けることを前提としたところもあり学生ローンと呼ばれます。主に大学などが集中する学園都市にある小規模な業者ですが、大学生への貸付を前提としているので審査に通りやすいメリットがあります。

 

なお、どちらのカードローンもキャッシングも年収の3分の1以内であり、上限も50万円以下のところがほとんどですが、大学生専門に貸し付けている業者では金利面で有利なところもあります。また利用し続けることで信用力を付けることができ金利の引き下げといったサービスを受けることもできます。

page top