お金借りる 銀行系カードローン 専業主婦

専業主婦が金融機関でお金をバレずに借りる方法

専業主婦が金融機関でお金を借りる時には、総量規制による制限が影響します。

 

消費者金融などの貸金業者は総量規制対象だから、原則的に年収の3分の1までしかお金を貸せません。法律で決められている条件ゆえ、貸金業者は必ずこのルールを守ります。

 

したがって、消費者金融で専業主婦がお金を借りるためには、夫の経済力によって安定収入があることの証明も必要です。在籍確認としての電話が行われる上に夫の同意書の提出も求められるので、夫に内緒で融資を受けることは困難な状況になっています。

 

銀行系カードローンは、銀行が提供する融資だから総量規制の対象外です。法律では安定収入がない専業主婦にも融資できるのですが、元々の審査が厳しめだから実質的には消費者金融と同じぐらいの難易度になっています。

 

消費者金融に比べて手続きにかかる手間が少ないものの、必ずしも審査に通りやすいとは限らないので注意しましょう。専業主婦になる前に銀行系カードローンで審査申し込みをしておくのも効果的で、すでに持っている融資限度額については自由に使えます。

 

総量規制対象になっている金融機関は、定期的に利用状況をチェックしています。支払い能力が疑わしい場合は改めて内部で審査をするパターンもあるので、利用限度額のギリギリまで使っている方は要注意です。

 

もしも金融機関の担当者が貸倒れになる可能性が高いと判断したらカードの利用停止もあり得るため、計画的な利用をすることが重要になります。金融機関の利用状況は個人信用情報を扱っている機関で照会できるから、ごまかすことは実質的に不可能です。

 

安定した収入がない専業主婦でもお金を借りる方法はありますが、返済するための根拠は夫の収入になります。夫の理解と協力が欠かせないので、そもそも消費者金融などを利用するべきなのかといった根本的な部分から考えていく必要があります。短時間であってもパートで働けば、専業主婦でも自分の名義でお金を借りられます。

page top