お金借りる 友達 知人

身内にお金を借りる!最適な方法やトラブル回避法

 

どうしてもこの日までにお金を工面しなければならないというようなことはよくあります。もちろん蓄えがあれば、そこから出すことができますが、そんな貯金などはない、あるいは用意しなければならない金額が手持ちを超えているようなときには、借りるという選択肢がでてきます。

 

ですが簡単に借用といってもいったいどこからがいいのかわからないときも多いです。まず思いつくのはいわゆる身内です。旦那や兄弟姉妹、また収入がある子供がいるのであれば息子や娘から借用という方法もあります。

 

ですがやはり急にお金を貸してほしいといっても断られる可能性が高いです。どんなに関係が良好でも相手にお金がなければ用立てることはできません。夫などは何に使うのかと疑ってきて面倒に思えたりします。

 

そんな時は祖母に頼むというのもいいかもしれません。おばあちゃんは孫には優しいことも多く、何も聞かず貸してくれる可能性が高いです。

 

ですがもし借りられたとしても甘えてそのままにせず、ちゃんと返済するようにしましょう。一括で返済できないときでも、少しずつでも返していくことで、相手からの信頼を失わずにすみます。身内からの貸し借りは実際にはこじれる場合も多いですので、十分に気をつけるようにしましょう。

 

身近な人はお金を貸してくれる?友人や恋人、同僚に頼む場合

身近な人からお金を借りる場合には、誰に借りるのが良いのでしょうか。

 

お金を借りるということはその時点で関係に上下ができてしまい、対等な付き合いができなくなる可能性も当然ながらあります。まずはそのことを念頭に置いて、適切な相手を選ぶ必要があるのです。

 

また返済が遅れた場合などには人間関係が破綻してしまう、今までと同じような付き合いをしていけないこともあります。気軽に借りやすいのは友達のうちでもあまり関係の深くはない知人や学校の先輩などです。

 

もし関係が悪化してもそれほど影響がない人ですが借りられる可能性も低い関係性であります。

 

恋人など異性にも借りやすいため気軽に申し込む人もいますが、恋人は金銭問題が原因で別れたり、別れることをきっかけに一括返済を求められたりということもゼロではありません。本当に大切な恋人ならまず借りないほうが無難だということです。

 

同僚に借りるというのは一番身近で借りやすい相手でもあります。同じ職場だから逃げられないということもあり、相手も貸すことへのハードルが下がりやすいからです。

 

また上司など自分よりも地位が上の人への申込の場合、説教される可能性はありますが、まとまったお金を借りたいという場合には一番貸してくれる可能性も高い相手でしょう。

page top