お金借りる

アルバイト・パートに人気のキャッシングやカードローンはどれ?

 

アルバイトやパートでも安定した収入があればカードローンの契約ができる金融機関はたくさんあります。もちろん兼業主婦としてパートに出ている人も自分の返済能力だけで借りることが可能です。

 

特に消費者金融系のカードローンは銀行と比較しても幅広い人への融資を行っており、審査通過率が高いのが特徴です。カードローンは契約した限度額内で、自分の好きなタイミングでキャッシングをすることができるので、いざお金に困ったときに助けてくれる力強い味方ですが、使った分は利息をプラスして返済しなくてはなりませんので、返済能力以上に使わないように注意しましょう。

 

パートやアルバイトでも契約できる金融機関の探し方ですが、カードローンの商品概要に対象とされている人が書かれています。雇用形態以外では年齢が制限されていますが、20歳以上であれば自分の意志だけで契約することは可能です。

 

審査基準は各金融機関によって異なりますが、審査の手順はおおむねどこの金融機関も一緒で、まず仮審査が行われて申込内容と信用情報をチェックしたあと、本人確認と在籍確認からなる本審査が行われます。複数のバイトを掛け持ちしているフリーターの場合は、一番自分が働いている場所を勤務地とすると良いでしょう。

 

消費者金融で50万円以上借りる場合、もしくは他社の借入残高と希望する限度額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要です。銀行系カードローンの場合は金融機関によって異なりますが、300万円以上希望しない限り収入証明書が不要とされているところもあります。

 

確定申告書や源泉徴収票を使うことができますが、提出できるように用意しておくと審査もスムーズに進むでしょう。在籍確認では勤務先に勤めていることの確認の電話が入りますが、本人が電話に出なくても務めていることがわかれば審査が終わります。

 

パートやアルバイトの人の中には勤務先への電話は嫌だと言う人もいますので、別の方法で審査が進められないかコールセンターに問い合わせをしてみるのも良いでしょう。融通の利く金融機関であれば、数か月分の給料明細や勤務先の発行している保険証で代用してくれる場合もあります。

page top