お金借りる 年金担保 カードローン

年金担保融資とカードローンはどっちがお得?

 

一般的に銀行や消費者金融などのお金を貸してくれるサービスでは安定した収入があればお金を借り入れることができます。

 

この安定した収入は働いて得られる所得の他にも年金もその対象になります。このため年金受給者であってもお金を貸してもらうことは可能です。

 

しかし、年金受給者がお金を借りるのは通常の方法よりもハードルが高いものです。特に最初から年金受給者である状態で審査に通ることは難しいとされます。基本的には年金受給前からカードローンやキャッシングを利用している場合に継続して利用できるというのが一般的です。申し込み年齢に関しては金融機関によって異なり銀行などは65歳を基準としています。

 

これは定年退職を想定したものです。一方で消費者金融では70歳を基準としており、現役で働ける年齢を想定しています。なお銀行にしても消費者金融にしても利用実績があることで金利は下がりますが、はじめての利用の場合には高い金利を支払う必要があります。

 

これはカードローンもキャッシングもローン商品としては利便性の高いものであることや長期借り入れを想定していないことなどが理由です。また年金担保にお金を借りることは出来ず、年金を収入とみなして貸付をおこなっています。

 

一方で年金受給者となってから利用することは民間のローン商品では難しくなるもので、このような経済弱者を保護する目的から公的機関でお金を貸してくれるサービスを提供しています。

 

社会福祉協議会が行っている生活福祉資金制度や福祉医療機構が行っている年金担保融資制度などです。いずれも生活資金が必要になった場合に手元にお金がない状態でお金を借りることができるもので、生活福祉資金制度は生活費のほか住居費の一部や子供の教育費も貸付の対象となっています。

 

ただこの公的機関の場合には民間とは異なりスピーディーな審査とは言い難く、すぐにお金を用意することはできず一定の時間が必要になりますし、その地域の状況によって利用できないケースもあります。

page top