お金借りる 自営業 フリーランス

フリーランスや個人事業主、自営業でも審査にとおりやすいカードローンは?

 

個人事業主、つまり自営業やフリーランスの人でもお金を借りることはできます。

 

ただし、ここで説明するのはあくまで個人的な目的のためにお金を借りる場合であって、事業性の資金を借り入れるケースは全く別です。いわゆるカードローン、キャッシングと呼ばれているものは、借りたお金の使い道は基本的に自由であるものの、事業性資金だけは例外となっています。

 

個人事業主の場合は起業や独立のための資金、法人設立のための資金など、事業性資金と個人的な目的でのお金とが曖昧になりがちですが、明らかに事業性資金として利用したと分かれば契約違反になってしまいますから一応の注意はしておきましょう。

 

話をカードローン、キャッシングに戻しますと、このような融資を受ける際の申し込み要件としては、安定した収入があることが第一です。個人事業主の人でももちろん基本的には安定した収入があるはずですから、条件をクリアしていることになり、申し込んだ後に審査を受けて通過すればお金を借りることができます。

 

ただ、月給などの形で毎月ほぼ決まった金額の収入を得ている会社員などと比べると、個人事業主はどうしても収入の安定性を問われることが多くなります。今月得た収入金額を来月も得られるであろうことを示せますかと言われて、はたと困る人は多いでしょう。給料が月給制ではないのですから当然です。

 

ですが、これを全く示せないわけではありません。公的な書類としては納税に関するものがあります。一年間の収入と納税額が示されているはずですから、これを見れば年間にどれくらいの収入があるのか、月ごとの収入と比べてどうかということがある程度分かります。

 

一年間にわたってある程度の収入があることを示せれば、同じくらいの収入が今後も期待できると思ってもらうことも比較的容易です。自営業やフリーランスの人は、お金を借りる際に備えて、このような書類を残しておくようにするのがよいでしょう。

page top