お金借りる 外国人 カードローン

日本人でなくても大丈夫!安心して外国人がお金を借りるには

日本人の人口が減る傾向にある反面、外国人が増える傾向も見られます。
中長期的に日本に住む在留外国人、特別永住者証明書を持つ外国籍の人は日本で済むことで生活費が必要です。

 

近年増えつつある外国人の中でも東南アジアからの人が多く、中国や韓国はもとより、フィリピン、タイ、ベトナムなどから留学や就労のために日本に訪れています。
欧米から来る外国人と異なり東南アジアから来る外国人の場合、日本のような先進国でも生活が厳しい側面は否めず、多くの人が就労者として日本に訪れ、本国に就労で得た収入を送金しているケースが多いです。

 

彼らは生活を切り詰め、収入のほとんどを家族や親族に送り、日本での生活を切り詰めていることも多いです。日本で働く外国人でも、日本での納税やインフラに関わる費用を負担しなければいけません。

 

また、本国に比べて収入が高い反面、物価も高く生活に掛かる費用は大きいです。お金が必要な場面で、金融機関にお金を借りる人は多いですが、外国人や外国籍の人の場合、融資に制限が設けられるケースがあります。

 

消費者金融であれば、在留カード或いは特別永住者証明書を提出し、安定収入があれば融資が行われることがあります。在留外国人の場合、在留期間が短いと難しいです。

 

消費者金融はキャッシングサービスを行っており、自社基準の金利付加で返済を行えば、外国籍の人でも貸し出しを実施します。日本の銀行口座を持っている人であれば、カードローンが利用できるケースもあります。

 

カードローンはキャッシュカードにローン機能を搭載したもので、銀行が担保融資とは別に行うローン機能です。ある程度の期間の就労実績があれば貸し出しがされると言われています。

 

日本語学力が問われる場合もあり、日本語の読み書きができない人や片言で会話がしにくい人の場合、融資が断られるケースもあります。就労実績が高いと言えども、就労場所が短期で変わる人の場合審査が厳しくなることもあります。

page top